リヴウェルの「宿泊型自立訓練」

同じ環境で生活すること

リヴウェルでは、入所者が同じ施設の中で一緒に暮らし、日常生活を送るチカラを養う「宿泊型自立訓練」を行っています。
他の入居者ととともに、一定期間同じ施設の中で生活すること。そのなかで日常生活で必要なスキルや「自分以外の方々」との接し方を少しずつ学んでいきます。
日常生活で一番大変なことは、自分以外の方々との折り合いの付け方や距離感、他の人が多い場所で緊張しないことかもしれません。リヴウェルではそうした日常的な階段を一つずつ登っていき、自立した毎日を送ることができるという自信を育んでいきます。

「宿泊型自立訓練」で行うこと

リヴウェルの「宿泊型自立訓練」では、一般の生活訓練と同じように日常生活に求められるスキルやコツを身につける訓練を行います。
「宿泊型自立訓練」は入所可能期間が2年間と定められています。その間、同じ障害を持った方々と同じ施設で暮らします。他の方々と一緒に生活することは、社会を体験することにほかなりません。同じ課題を持つ方々と少しずつ折り合いながら協調性を身に着け、社会への道標を見つけていく。リヴウェルではそんな生活を重ねています。